姫路の観光スポット

何といっても世界遺産、国宝の姫路城を外すことはできません。

天を舞う白鷺のように見えるところから別名を白鷺城と呼ばれますが、現在の城は5層7階の大天守閣と3つの小天守が渡櫓で結ばれた日本で唯一の連立式天守をもち、軍事的・芸術的観点からも非常に優れた城との評価を得ています。

かつてこの城には千姫が住んでいたこともありますし、播州皿屋敷のお菊井戸などもあり、ドラマチックな歴史の舞台でもあったのです。

また城の南西にある好古園は城を借景にした見事な庭園ですので一見の価値があります。

約1万坪の池泉回遊式の庭園では時代劇のロケが行われることもあります。

城からさほど遠くない手柄山には水族館や温室植物園もありますので足を伸ばしてみると良いでしょう。

さらに市の北西部には書写山西の比叡山と呼ばれる圓教寺があり、重要文化財の建物や仏像なども多くありますし、ロープウェイで上ると空気が違い深山幽谷の趣がありますのでおすすめです。

また名所めぐりの観光と併せて、セントラルパークでサファリを楽しむのも良いかもしれません。